VPNの選び方

どうやってVPNを選べばいいの?賢いVPNサービスの選び方

更新日:

VPNサービスを提供している業者は世界中でも数え切れません。ある程度信頼を得ている業者だけでも200社を超える状況です。
そんな中でどのようにVPNサービス業者を選べばいいのでしょうか?
信頼できるVPNサービスを選ぶための6つの基準を紹介します。

1. 提供業者の信頼性

どういうバックグラウンドでVPNサービスを提供しているのかを明確にしているか否かは大切です。

基本的に提供業者のサーバーを経由して、インターネットを利用することになります。
全く知らない人の家に足を踏み入れるのには気が引けますよね。
VPNサービス業者のサーバーを経由するという事はある意味で人の家に足を踏み入れる事に似ています。
ある程度どんな人か知っている人の家に滞在するのが安心出来るのと同じように、VPN業者がどういうポリシーを持って経営しているのか、第三者もしくは第三機関に情報をなぜ渡さないのかなど、透明性が高いか否かは一つの基準になります。

例えば、VyprVPNは会社の透明性を会社理念の一つとして挙げています。

2. サポート体制はどうか

インターネットは常に使うものなので、少しでも不具合があると生活全体に影響してきます。
サポートを重視しているVPN会社であれば、サーバーの不調や検問の変更などに素早く対応してくれます。

べすとVPNでオススメしているVPNサービスは全て24時間 / 365日でサポート体制を整えています。
特定の時間のみ(Ex. 9:00-17:00)のサポート体制で運営しているVPN業者はオススメ出来ません。

3. 自分の端末に対応しているか

自分の端末のアプリを提供しているか否かは効率良くVPNを使う上で大切です。
自分でIPアドレス, プロトコル, パスワード等を一つずつ設定して使う事も可能ですが、幾つかのサーバーを使う場合かなりの手間がかかります。
アプリがあれば、数タップで切り替え可能なので簡単に効率良くVPNに接続出来ます。
アプリが最新のOSに対応しているか否かの確認も必要です。

4. 利用料金

無料もしくは有料どちらがいいのでしょうか?
基本的に無料VPNプロバイダーは危険なので避けた方がいいでしょう。しかし、有料VPNプロバイダーがお試し版として提供している場合は例外です。

現在海外のVPN業者は競争が激しく、長期間契約に限りかなりの割引料金で購入出来ます。
1ヶ月契約であれば、US$12前後、1年契約あればUS$60-90前後が大体の相場になりますが、NordVPNや、CyberGhostVPN等のVPNプロバイダーは2年契約に限り月間3ドル(350円)前後で利用できます。日本のVPNプロバイダーと比べると3分の1くらいの価格で利用出来ます。
こういったプロモーションがあるかないかを確認する事は大切です。

中国などインターネット規制のある地域にいる場合であれば、必要経費と割り切って有料VPNを利用することをオススメします。
日本のVPN提供業者に比べると全体的に見てコストパフォーマンスはかなり高くなっています。

5. サーバー数と設置地域

速度や接続の安定性を基準にするのは少し難しいかもしれません。
使用している地域のネット状況、ご利用中の機器によっても速度は変わってくるので、実際に使ってみないと分からないというのが現状です。
理論値では、使用地域付近のサーバーを使用すれば速度が上がるのですが、あくまで理論値であって絶対ではありません。
しかし目安として、サーバー数、VPNを使う地域付近の国にサーバーをいくつ設置しているか、は一つの基準になります。
使用中に速度が出なかった場合他のサーバーを試して速度が上がる事があるからです。

例えば、日本や中国付近で使うのであれば、日本、台湾、韓国、香港辺りにサーバーがあるか否かを一つの基準にすることが出来ます。
サーバー数が10台未満のVPN業者はオススメ出来ません。

6. VPNを使用する地域に対応しているか

アジア圏であれば、主に中国で利用する人に注意して欲しいポイントです。
2017年1月以降に中国規制変更の為に著名なVPNサービスを含む幾つもの無料・優良VPNが使えなくなりました。
中国で使う場合は使用可能か確認してみてください。

また、中国のサーバーをレンタルしている業者もいます。
中国の動画やサイトを見たい場合、中国のサーバーの有無の確認も大切です。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

-VPNの選び方

Copyright© べすとVPN.jp , 2018 All Rights Reserved.