VPNレビュー

UCSS レビュー

2018年2月6日

べすとVPNレビュー 6 out of 6 stars
サーバー設置国の数 8ヶ国以上
サーバー数 非公開
対応アプリ Windows, macOS, iOS, Android, Linux, Merlin, OpenWrt, ChromeOS
同時接続可能数 3台(1アカウント)
利用料金 US$36.00/3ヶ月〜($9.00/月〜)
支払い方法 Visa, Master, Amex, PayPal, Alipay, WeChatPay
試用期間/返金保証期間 無し
ストリーミングサービス 全てのサーバーからNetflixが視聴可能。ほぼ全ての日本のストリーミングサービスに対応。
日本語に対応 公式サイト、サポート、Windows, macOSアプリ

UCSSの申し込みはこちら

国境無きインターネットという目的でスタートしたShadowsocks専用プロバイダーです。規制のある地域から安全で高速にインターネットへ接続する事に長けており、ネットワーク品質にこだわったサービスを展開しています。

通常のVPNとは違い、Shadowsocksはインターネット検問に対して強い耐性を持っており中国や、インドネシア、その他アジアの一部地域、中東等インターネット検問が行われている地域で非常に効果的なプロトコルです。プロトコルの特性上接続効率が非常に良い為に、ストリーミングサービスなどの視聴に向いています。

関連Shadowsocksって何のこと? どんな仕組みなの?

UCSSはShadowsocksが開発された直後から運用しているので、中国に繫がる回線や、中国のインターネットプロバイダーに対する最適化、またShadowsocksの最適な組み合わせ等、インターネット規制に対するノウハウを持っています。

UCSSは中国向け、グローバルは中国以外の地域向けと二方向にサービスを展開しており、どちらのサービスも通常のVPNプロバイダーが提供出来ない高価な専用回線を採用しています。どちらのプランもLow Pingプランというより低い遅延が必要な方向けの高級プランを選択出来ます。

中国向けサービスは非常に安定しているので、ダウンロードスピードが必要な方、日本のIPを高速で利用したい方、NetflixやAbemaTV、Hulu等のストリーミング動画サイトを利用したい人、ゲーム用のVPNを探している人にオススメです。

UCSSはVPNプロバイダーでは珍しくカスタムオーダーを受け付けています。小規模のグループや企業でVPNが必要な人にもオススメです。

ウェブサイトやアプリだけでなく、サポートも日本人の技術スタッフが対応してくれます。

UCSSの3つの特徴

1. プレミアムサーバーの採用

中国へ出入りする回線は大きく制限されており、政府・企業用の専用回線やCN2と呼ばれる高速回線以外では、海外のネットワークへ高速で接続するのは難しい状況です。

関連なんでVPNが繋がらないの?中国でVPN回線を維持する難しさを解説します

UCSSはコストがかかるCN2サーバーや、IPLC(企業用専用回線)で接続出来るサーバーを所有してます。IPLCは中国から国外へ物理的なケーブルで繋がっている回線なので、パケットロスや他のネットワークによる干渉を受けない最高峰のネットワークになります。インターネット検問を通過しないので速度だけでなく安全性の面だけでも通常の回線より有利と言えます。

中国には様々なインターネットプロバイダーが存在しています。それぞれのISP独自のインフラの違いにより地域によって接続速度に差があります。UCSSはそんな状況に合わせてBGPネットワークと呼ばれる様々なISP(China Unicom, Telecom, Mobile等)に最適化された回線を全サーバーに採用していますプレミアム回線とプロトコルが相まって大手VPNプロバイダーでは実現出来ないスピードと安定性を実現しています。中国からの接続スピードと安定性は他のサービスとは比べ物になりません。

2. Netflix等のストリーミングサービスに最適

中国におけるVPNサービスにおいて動画ストリーミングはハードルが高く、HD以上の画質を見れるVPNプロバイダーは多くありません。

UCSSは独自の基準として、HD動画が安定して見れる事を最低ラインとしてサーバーを選択し構築しています。現状日本のIPを高速で接続出来るVPNプロバイダーはほとんどありませんが、UCSSは7つの日本サーバー(UCSSプラン)から高速で接続可能で、すべてのサーバーからNetflixの閲覧を確認しています。

関連中国から日本の動画配信サイトを見たい人はどうしたらいいの?

大手VPNプロバイダーとは違い、出来る限りグローバルIPを採用しているのでNetflix等の厳しいIPチェックをしている動画サイトも閲覧可能です。DAZN, Hulu, Tverなどほとんどの動画サイトの視聴が可能です。UCSSはTCPだけでなく、UDPにも対応しています。

3. ストレスフリーの接続速度

Shadowsocksの設計上、VPNは勿論ですが、httpsのウェブサイト閲覧(TLS1.2)よりも速くサーバーへ接続できます。通常のVPN接続の場合数秒待って初めてサーバーに接続出来ますが、Shadowsocksの場合スイッチをONにした直後から接続が開始されます。サーバーの切替も非常にスムーズで、VPNのように途中で途切れるという事もほとんどありません。

UCSSの提供しているサーバーは国際専用回線やCN2といった高速回線なので接続速度は通常のサーバーに比べてより速くなっています。

UCSSの詳細情報

UCSSはログやメタデータ等の個人情報の取扱いに関して高い基準を設けています。

安全性

UCSSはVPNの本来の目的である通信における安全性の確立という点を重視しています。中国から繋がらるという点だけでなく、通信自体の保護や、個人情報の取り扱いについても高い基準を設けています。

通信量が制限されているので、トラフィック量は記録していますが、どのサイトを誰が訪れたかと言った情報やDNSに関する情報を一切記録していない事を保証しています。

通信に関してTLSトンネル+ChaCha-20(IETF)というWireguardにも使われている最新の暗号化が採用されています。Shadowsocks独自の迷彩機能と相まって非常に高いレベルで通信を保護出来ます。

中国から利用する場合サーバーのほとんどがIPLC(国際専用回線)経由でインターネットに接続されます。インターネット検閲を受けないので公共の回線より安全と言えます。

DNSリークテストを実施しました。リーク漏れは有りませんでした。WebRTCもリークしていない事を確認しています。

プロトコルの性質上、総合的に見ると通信の安全性はExpressVPNやProtonVPNが提供しているOpenVPNほどは強固ではありません。

対応機種

UCSSはWindowsとmacOSのみオリジナルのアプリの提供を行っています。共に日本語に対応しており、WindowsはシステムVPNを使用して接続が確立されるのでプロキシながらVPNと同じように通信出来ます。

その他Clash, Surgeなどオープンソースで開発された様々なアプリを利用可能です。

macOS, Windows, Android, iOS, Linux, Merlinに対応しています。オリジナルアプリやサードパーティのアプリは、中国のウェブサイトはサーバーに接続せず、国外のサイトを閲覧する時にサーバー接続すると言った設定が出来たり、自分で接続ルールを作る事も可能です。

取り分けiOSアプリは、よく作り込まれており幾つかの高品質なアプリを利用出来ます。

関連【iOS】Shadowsocksおすすめアプリの紹介と比較

ルーターのファームウェアMerlinのModified ROM, OpenWrtといったルーターファームウェアからも利用可能です。AsusやNetgearの超高性能ルーターを使って接続が出来ます。ルーターからも中国のサイトはUCSSサーバーを経由しないと言った設定がワンタッチで出来るので、まるで日本にいるかのようにインターネットを利用出来ます。

サポート

サポートは日本語に対応しています。コンタクトフォームから問い合わせることが出来ます。メールでも問い合わせ可能ですが、返信が来ない場合もあるようです。平日は12時間以内の返信を約束しています。

利用料金と支払い方法

支払い方法は、各種クレジットカード, Paypal, Alipay, WeChatPayに対応しています。

プランは全部で4種類提供されています。

中国向け

  • UCSSプラン
  • UCSS Low Pingプラン

中国以外の地域向け

  • グローバルプラン
  • グローバル Low Pingプラン

「Low Ping」と名前が付いているプランは低い遅延が必要な方(ゲームなど)向けの高価なプランとなります。グローバルプランは中国から利用出来ない場合があるようなので注意が必要です。

UCSSプランは50GB-500GBまで、UCSS Low Ping, グローバルLow Pingは50-200GB, グローバルプランは100GB-300GBまでの範囲で通信量が選択出来ます。UCSSプランに限りTaiwan-2のみ通信量無制限で利用可能です。

通信量の選び方は少し苦戦しますが、公式では「月間50GBで画質がHD (720p)のYoutube動画を1日約2時間程度鑑賞出来る通信量」と記載されています。足りない場合はいつでも通信量を増やす事が可能です。

カスタムオーダーに対応しており、通信速度やIPの種類、暗号化の強度、1ヶ月辺りの通信量等を細かく指定したオーダーに対応しています。

期間 UCSS UCSS Low Ping  グローバル グローバルLow Ping
1ヶ月 -  - 100GB $13
200GB $20
300GB $29
50GB $39
100GB $78
200GB $156
3ヶ月
50GB $36
100GB $49
200GB $84
300GB $126
400GB $168
500GB $210
50GB $118
100GB $224
200GB $424
100GB $33
200GB $52
300GB $74
50GB $117
100GB $333
200GB $631
12ヶ月 50GB $108
100GB $147
200GB $252
300GB $378
400GB $504
500GB $630
- 100GB $99
200GB $151
300GB $222
 -

管理人からのコメント

アドバンテージ

  • 圧倒的な通信速度
  • 中国から確実につながる
  • 高速接続出来る日本のIPが使える
  • サーバーは全て中国のインターネットプロバイダー直通で低いPing
  • サポート、ホームページ、アカウント画面も全て日本語に対応
  • Netflix, DAZN, Huluなどほとんどのストリーミング動画に対応
  • 超高性能ルーターから接続可能
  • ゲーム向けのLow Pingプラン
  • IPLC回線が利用出来る

ウィークポイント

  • 通信量に制限がある(50GB-500GB)
  • 試用期間が無い
  • iOS, Androidはサーバーを手動で読み込む必要がある

管理人は現在中国滞在中の95%以上はUCSSを利用しています。管理人は2017年から使用していますが今まで一度も繋がらなくなった事がありません。接続速度や、ダウンロードスピードは他のVPNプロバイダーと比較になりません。但し、通信量に制限があるので、誰かとシェアして使うと言った方法は難しいかもしれません。

現在のVPNの速度に不満を感じている人、Netflix、AbemaTV、U-Next等の日本リージョンもしくは日本の動画サイトを利用したい方や、ゲームなど低いPingが必要な方におすすめです。

UCSSの申し込みはこちら

-VPNレビュー
-

© 2021 べすとVPN.jp