VPNレビュー

ProtonVPN レビュー

2021年2月23日

べすとVPNレビュー 4 out of 5 stars
サーバー設置国の数 54ヶ国
サーバー数 1232台(総帯域1441Gbps)
対応アプリ Windows, macOS, iOS, Android, Linux, 各種ルーター
同時接続可能数 1-10台(プランによる)
利用料金 Free〜$24.00/月(プランによる)
支払い方法 各種クレジットカード, PayPal, Bitcoin, cash
試用期間/返金保証期間 30日間(無料で利用可能)
ストリーミングサービス  Netflix, HBO, Huluなど(日本リージョンは未対応)
日本語に対応

ProtonVPNの申し込みはこちら

2017年にサービスをスタートして確実にユーザー数を増やしているProtonVPN。非常に強力なプライバシー法を有するスイスを拠点としています。ProtonMailを提供している会社が母体となっている事から、非常に細かい点までプライバシー保護を念頭においてデザインされています。

提供しているソフトウェアは全てオープンソースで開発している事や、具体的なゼロログポリシー、捜査令状を受けた事があるかなど、透明性が高い会社運営を行っており、ProtonVPNの信頼に繋がっています。

VPNプロバイダー後発組だけあって完全無料で使用出来る事や、料金体系など独特の仕組みでサービスを展開しています。

ProtonVPN 3つの特徴

プロバイダーのバックグラウンドがしっかりしているProtonVPN。3つの特徴を紹介します。

ProtonMailで証明された信頼性

世界中の活動家やプライバシー重要視するユーザーに支持されてきたProtonMail。2014年に欧州原子核研究機構で出会った科学者達がスノーデン事件に啓発されて、プライバシーを保護する事を目的にスタートしました。

独自の暗号化やエンドツーエンド通信、自動削除機能、地下1000メートルの核攻撃にも耐える施設内にある自社データセンターなど徹底的にプライバシー保護にこだわっており現在では1000万を超えるユーザーが使用しています。

このような確かなバックグラウンドを持つProton Technologies AGが「オンラインの自由を保護する」ことを目標に提供しているサービスがProtonVPNになります。

多くのプロフェッショナルから支持されており、実績という点では申し分ない同社が提供しているサービスには説得力があります。

オープンソースソフトウェア

一般的に使われているWindows, macOS, Android, iOS全てのソフトウェアをオープンソースで開発しています。

オープンソースとは誰でもアプリのコードを閲覧し、利用し、修正出来るというソフトウェアの開発手段で、第三機関や第三者の監査を受け入れる事を意味しています。

VPNアプリは悪用される事が多く、AndroidのVPNアプリのおおよ三分の一にマルウェアが含まれているとの調査結果もあります。実際にそこから個人情報が流出し、第三者に転売されています。

ProtonVPNはオープンソースで公開するだけでなく、SEC Consultというセキュリティ専門企業にアプリの監査を依頼しその結果を公表しています。

またバグ発見に推奨金を提供するなど、アプリの安全性や透明性を高いレベルで確保しています。

全てのプラットフォームをオープンソースにしているVPNプロバイダーは非常に珍しく、ソフトウェアの使用に関して安心感があります。

Secure Coreサーバー

より匿名性を高める為の機能で、エンドポイント(選択したロケーション)と利用者の間にもう一つサーバーを挟んで通信します。

Secure Coreのサーバーはアイスランド、スイス、スウェーデンのサーバーを経由してエンドポイントへ接続されます。

VPNサーバーが監視されていた場合、トラフィックを追跡して利用者を特定出来る可能性があります。それらの攻撃を防ぐ為に提供されています。NordVPNなどが提供しているダブルホップなどと同じ概念ですが、ProtonVPNはより高い次元で実現しています。

この経由サーバーは、強力なプライバシー法で守られた国(アイスランド、スイス、スウェーデン)に設置され、それら全てのデータセンターはProtonMailと同じく地下数百メートルの元軍事施設におかれています。

また、他国が干渉出来ないローカルレジストリが所有するIPアドレスを介した専用ネットワークでインターネットに接続され物理的にもオンラインにおいてもプライバシーが保護されています。

匿名を重視するユーザーに取っては非常に安心出来る機能です。

ProtonVPNの詳細情報

通信速度

プランにより速度が変わってきます。Freeプランでも5-20Mbps程度速度が出ており十分使えるスピードです。Basicプランは最高100Mbpsの速度制限がかけられている為にどのサーバーでも100Mbps以上は出ない設定になっています。Plusプランは速度制限が解除されているので、日本サーバーで300Mbps前後の速度を計測しています。

【速度計測】ProtonVPN スピードテストの結果は?

続きを見る

高価な部類に入るだけ会って、速度も安定しており、ExpressVPNと同等かそれ以上の速度が出ています

セキュリティ

スイスに会社所在地がある為にアメリカや英国などファイブアイズの干渉を受けません。スイス連邦データ保護法(DPA)とスイス連邦データ保護条例(DPO)という非常に強力なデータ保護法で守られています

ノーログポリシーを徹底しており、あらゆるアクセスログやDNSクリエを記録していない事を保証しています。ブルートフォースアタックを処理する為に、アカウント毎のログインに関してのみログを取っているとの事です。

プロトコルはOpenVPNのUDP/TCP,  IKEv2の二種類のみで脆弱性が発見されているPPTPやL2TPは提供していません。Wireguardには対応していませんが、現在対応に向けて開発中との事です。

採用されている暗号化はExpressVPNと同じく、AES-256, 4096- bit RSA, HMAC+SHA384という実用可能な最高レベルの暗号化を実装してます。

全アプリにキルスウィッチも実装されており、VPNが切断された場合同時にインターネットが切断される為にローカルIPが漏れる事を阻止出来ます。キルスイッチはPlus以上のプランからのみ利用出来ます。

DNSは全て暗号化され通信されており、更にNetShieldと呼ばれるアドブロッカーを実装してます。三段階からフィルター強度を調整出来ます。

管理人もDNSリークテストを実施しましたが、結果はリーク無しでした。

WebRTCもリークしていない事を確認しています。

対応アプリと品質

Windows, macOS, Android, iOS, LinuxおよびOpenVPNに対応しているルーター全てから利用出来ます。

ルーターに関してはInvizBoxと提携しているようで専用ルーターが発売されています。

参照InvizBox 2

アプリのインターフェイスも独自の世界観があり洗練されています。ただし、英語のみという点や、スイッチが他のVPNと異なる為に慣れるまで時間がかかるかもしれません。

WindowsとAndroidからのみ「Split tunneling」という機能を使用出来ます。アプリ毎にVPNへ接続するか否かを設定出来る機能です。

サポート

メールフォームからのみサポートを受け付けています。ライブチャットはありませんが、Knowledge baseが充実しているのでほとんどの問題は検索で解決します。

利用料金と支払い方法

支払い方法は各種クレジットカード, PayPal, Bitcoin, cashに対応しています。cash(現金)を利用したい場合はサポートへ連絡する必要があるようです。

他のVPNプロバイダーと違い四種類のプランが用意されています。サーバーの速度、一部の機能が使えるか否か、同時接続台数の違いが主になります。

Secure Core, Netflixなどが閲覧出来るサーバー, キルスイッチはPlus以上のプランのみとなっているので注意が必要です。

それぞれのプランは一ヶ月、一年、二年の3つのサブスクリプションから期間を選択出来ます。サブスクリプション料金のみで運営している為に、他のVPNに比べて高価な部類に入ります。支払いは3種類の通貨(ユーロ、ドル、スイスフラン)から選択出来ます。どれも値が同じなのでレート的に見るとドルを選択した方がお得です。

他のVPNと違う点は一年以上のプランを契約の場合途中でサブスクリプションをキャンセルした場合、日割り計算された残りの金額が次回使えるクレジットとしてアカウントへ保管されます。

期間 Basic
(同時接続2台)
Plus
(同時接続5台)
Visionary
(同時接続10台)
1ヶ月 $5/月 $10/月 $30/月
1年 $48 ($4/月) $96 ($8/月) $288 ($24/月)
2年 $79 ($3.29/月) $159 ($6.63/月) $479 ($19.96/月)

管理人のコメント

アドバンテージ

  • ProtonMailで証明されている信頼性
  • 高速で安定した通信スピード
  • 強力なプライバシー法が置かれたスイスが所在地
  • ほぼ完全なノーログを実現
  • 匿名性を確保できるSecure Coreサーバー
  • DNSの通信も暗号化
  • 香港、ロシアサーバーが使用出来る
  • 無料で使用出来る

ウィークポイント

  • 日本語に未対応
  • 高めの価格帯
  • Wireguardに対応していない(開発中)

管理人は5年以上ProtonMailを使用していますが、同社のVPNという事で3年ほど使用してきました。現在はサーバーの帯域やアプリなど成熟しており、他の優良VPNと遜色ありません。また最近のVPNプロバイダーでは珍しく香港、ロシアサーバーが利用出来る点も特徴の1つです。

ブランドの信頼性や徹底的にこだわったプライバシー保護は大きな魅力の1つです。匿名性を重視するユーザーにとりわけおすすめなVPNプロバイダーです。

ProtonVPNの申し込みはこちら

-VPNレビュー
-

© 2021 べすとVPN.jp