Proxy.shの使い方 VPNレビュー

Proxy.sh VPN レビュー

更新日:

proxysh-logo

べすとVPNレビュー
サーバー設置国の数 57ヶ国以上
サーバー数 300以上
対応アプリ Windows, Mac, Android (iOSはコンフィグファイルダウンロードアプリのみ)
同時接続可能数 3台(1アカウント)
利用料金 US$2.00 / 72h 〜
支払い方法 Visa, Master, Amex, JCB, Alipay, PayPal, Bitcoin

Proxy.shの申し込みはこちら

インド洋のセーシェル共和国に所在地があるThree Monkeys Internationalというテクノロジー関係のベンチャー企業が2012年に始めたVPNサービスです。
Proxy.shという名前を聞くとプロキシサービスを提供しているように聞こえますが、徹底的に匿名性を追求したVPNサービスを提供しています。
プライバシー保護に関してはどんなVPNプロバイダーよりも先を行っており、ここまで徹底しているVPNプロバイダーは見たことがありません。例として次のような特徴があげられます。

  • インド洋のセーシェル共和国に所在地がある(タックスヘイブンで有名)
  • 文字通りの完全なノーログ
  • 完全な匿名状態でVPNを利用出来るオプションがある
  • 自社製DNSサーバー
  • 純正アプリはオープンソースで開発している
  • 業界最高クラスの強力な暗号化
  • TorでVPN接続が可能

料金体系もユーザーに親切で、$2 / 72時間というプランから利用出来ます。
管理人も使用中ですが、サーバーの質が高いので暗号化の強度の割に速度が出ています。追加のオプションで有料ですが50Gbpsという広帯域のサーバーを利用すれば更に速度が出ます。

Proxy.shはVPN本来の目的を徹底的に追求しているサービスなので、Torrentを使っている人、個人や会社でセキュリティを重視する人、高いレベルで匿名性を保ちたい人等にオススメです。誰かにトラッキングされている、情報が漏れていると言った不安を解消してくれるVPNプロバイダーです。

べすとVPNでは日本語でProxy.shの登録方法を解説しています。

関連Proxy.shへの登録からアカウントの設定まで | 日本語で全対応

Proxy.shの3つの特徴

他のVPNプロバイダーにはない多くの特徴の内3つを紹介します。

1. 唯一無二のプライバシー保護機能

Proxy.shは本当の意味でのノーログを約束しています。多くのVPNプロバイダーは自社サービス改善の為に、必要最低限のログは取っています。(個人は特定出来ない)しかし、Proxy.shはサーバーに接続したか否か、どこの地域から接続しているか、メタデータに至るまであらゆるログを保持していません。サーバーのハードディスクにユーザーデータは一切記録していない事を約束しています。

"Anonymous Tokens" というオプションを用意しており、支払い情報、ユーザーデータを削除して認証キーのみで接続する事も出来ます。このオプションを使えばアカウントレベルで匿名になる事が出来ます。ただし、ユーザーが特定出来ないのでサポートが受けられなくなります。Bitcoinや他の仮想コインの支払いを受け付けています。仮想コインを使えば誰が支払ったかトラッキング出来ませんので、使用者の特定が難しくなります。

"Network Alert" というプライバシーを守る為の独自のシステムを構築しています。このシステムは、第三機関、第三国が自国の捜査令状を使って、Proxy.shがそれぞれの国に設置してあるサーバー内容を調査しようとします。もしくは国家レベルのハッカーがProxy.shのサーバーをクラッキングしようと試みます。そんな時に、捜査されそうなサーバー、クラッキングされそうなサーバーをすぐにホームページ、Twitterからアナウンスして警告を発します。
国家からの圧力で公表出来ない場合でも、Proxy.shは"Warrant Canary" とい政府の弾圧に対抗する団体に加入しており、加入メンバーを通して警告を出すという二重の措置を取っています。
ノーログ、5-Eyes以外の会社所在地、と言ったプライバシー保護要素より更に上を行くシステムを提供しています。

2. オープンソースで開発しているVPNアプリ

Proxy sh1
Proxy.shはSafejumperという自社開発のOpenVPNクライアントを提供しています。現在MacとWindows, Androidで使用可能です。このアプリの面白いポイントはオープンソースで開発されているという点です。
オープンソースには様々な利点がありますが、開発コードが公にされているので様々な人がコードを調査したり、テストする事が可能なのでバックドアやトラッキングする機能の有無をチェック出来ます。独自のトラッキングシステムや、バックドアを設置している可能性が極めて低いと言えます。
アプリに至るまで透明性を保っており、ユーザーが安心して利用できるよう配慮しています。

3. インターネット規制に対応している

あらゆる地域で匿名性を保ちながら規制を迂回する為に、Proxy.shはインターネット規制対策用のTorのPluggable Transports、XORというプロトコルを使って接続出来ます。最新の純正アプリは、ScrambleSuit, obfs3と言ったTorのobfsproxyに対応しています。
通信しているプロトコルの特徴を隠したり、偽装したりする事が出来ます。速度は落ちますが、中国でも有効です。

Proxy.shの詳細情報

安全性

Proxy.shはインド洋のセーシェル共和国に所在地を構えています。あまり聞き慣れない場所ですが、元イギリス領で租税回避や資金洗浄で有名な国です。様々な外資系企業がセーシェル共和国に登録しています。5-Eyesを始めとする、EUやNSA等の情報開示を強制する法律や協定に関わりを持っていません。

安全性に関して徹底している点として、PPTPやL2TPと言った安全性に劣るプロトコルの設定は用意していません。
プロトコルは基本的に全てOpenVPNで、暗号化はAES256ビットにSHA512認証、RSA4096のハンドシェイクという最強に近い組み合わせがデフォルトです。
これより低い暗号化のオプションは用意されていません。
またECC (Elliptic Curve Cryptography)という最新のアルゴリズムも利用出来ます。この暗号化はキーサイズがRSAに比べて10%程度にも関わらずセキュリティは変わらないもしくはそれ以上と言った特徴があります。

プロバージョンのみですが、"Multi-Hop"というダブルVPNに似た機能を利用出来ます。
ダブルVPNは接続先のサーバーが指定されていますが、Multi-Hopはランダムに出口のサーバーが選択されます。VPNに接続している時点でIPを特定する事が困難ですが、更にもう一つのサーバーを経由するので匿名性が更に高まります。
DNSサーバーも自社製で完全なノーログを保証しています。

速度

Proxy.shは他のVPNプロバイダーと違いどれくらいの帯域のサーバーを使用しているか公表しています。ベーシックなサーバーは1Gbpsで、別料金のBoostオプション(プロ版は250GB / 月が含まれる)を購入すると50Gbpsと言った広い帯域を持つサーバーが利用可能です。よりスムーズで高速な通信が可能になります。
このBoostオプションには日本のサーバーも用意されています。日本でVPNを使っていて、速度が出ない現象に悩まされている人は一度このオプションを使ってみる事をおすすめします。

対応機種

Windows, Mac, iOS, Android, Linux, 各種Router, NAS等あらゆる機種に対応しています。
純正アプリはWindowsとMac、Androidに対応しています。
iOSはOpenVPNのコンフィグファイルをダウンロードするアプリを用意しているので、他の手動で設定するVPNプロバイダーより幾分ハードルは低くなっています。
ただし、プロトコルの設定、トランスポートプロトコルの種類等細かく設定出来るので、VPNにあまり詳しくない人は戸惑うかもしれません。

サポート

24時間 / 365日でサポート体制を整えていますがチケット制です。管理人もやり取りしていますが返信は早い方ではありません。
基本的な設定方法はマニュアル化してあります。

利用料金と支払い方法

支払い方法は支払い専用サービス、Paymentwall, G2APay, bitpay, eDigiCashといったサービスに対応しています。ですので、キャッシュカードから、Paypal、Bitcoin等の仮想コインまであらゆる支払い方法に対応しています。

Proxy.sh2
4つのプランと、3つのアドオンから選択できます。プランの大きな違いは使用できるサーバー数です。
それぞれのプランは1ヶ月、6ヶ月、12ヶ月、SOLIDプランに限り3年契約(割引無し)も可能です。
べすとVPNの為に10%OFFクーポンを用意して頂きました。購入時のVoucher Code欄に"ILUVPROXYSH"と 入力して下さい。

プラン名 特徴 1ヶ月 6ヶ月 12ヶ月
QUICK サーバー2カ国限定 $2 / 72時間
BASIC サーバー5カ国限定 $5 $25 $40
($3.33 / 月)
SOLID 57ヶ国全てを使用可能 $10 $50 $90
($7.50 / 月)
PRO SOLIDの機能+50Gbpsのサーバー(月間250GBまで)、Multi-hop $20 $199.99
($16.66 / 月)

 

管理人からのふた言

おすすめポイント

  • 運営に関して他のVPNプロバイダーにはないレベルの透明性。かなりの情報を開示している
  • 完全なノーログを保証
  • 所在地がセーシェル共和国なので、5-Eyes等の影響を受けない
  • OpenVPNでの非常に強力な暗号化
  • アカウントを完全に匿名化出来る
  • 50Gbpsと言った広帯域を持つサーバーを利用出来る(日本のサーバー有り)
  • 中国等のインターネット規制地域でも接続出来る
  • $2 / 3日間 と言った格安プランを用意している

デメリット

  • ホームページ、アプリが日本語に対応していない
  • プランが少しややこしい
  • アプリから設定できる項目が多いのでExpressVPNVyprVPNに比べると設定が少し複雑

プライバシー保護をここまで徹底しているVPNプロバイダーは見たことがありません。会社の透明性も高く安心して利用出来るVPNです。Torrentを使う人や、仕事で高い秘匿性やセキュリティが必要な人にオススメです。べすとVPNがおすすめ出来るVPNプロバイダーの一つです。

Proxy.shの申し込みはこちら

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

-Proxy.shの使い方, VPNレビュー

Copyright© べすとVPN.jp , 2018 All Rights Reserved.