VPN - スピードテスト VyprVPNの使い方

【速度計測】VyprVPNのスピードテストの結果は?中国で計測

更新日:

スイスに所在地があるVPNプロバイダーVyprVPN
管理人が使い始めて2年半くらいになります。
2017年1月の規制強化以降も中国で使える希少なVPNです。
実際に中国ではどれくらいのスピードが出ているのでしょうか?
アジア付近のサーバーをメインに計測してみました。

接続環境は电信(China Telecom)の光回線, 联通(China Unicom)4Gを利用しました。
VyprVPNのプロトコルはOpenVPNの160bitとChameleonを使用しています。
联通4Gに限り、IKEv2/IPSecでの接続になります。

スピードテストはOoklaのSPEEDTESTを使用しています。
*上記の条件のもと計測した結果です。使用機器や地域によって誤差があることをご了承下さい。

VyprVPNのレビューはこちら。

関連VyprVPN レビュー

VyprVPNのサーバー地域別計測結果

香港

VyprVPNの提供元であるGoldenflogに問い合わせた所、1番のオススメは香港サーバーとのこと。
しかし結果は次のようになりました。

OpenVPN 160bit
Hk

Chameleon
Hk c

联通(China Unicom)4G
IMG 5194

東京

日本人であれば良く使うサーバーだと思います。細かく計測してみました。

OpenVPN 160bit
Tokyo

Chameleon
カメレオンに限り、実測を計測しにくい傾向にあります。
他のサーバーも同時にYouTubeを使って計測していますが、特にJapanのサーバーは実測より遥かに速度が出ていました。
Tokyo c

YouTube実測
JP

联通(China Unicom)4G
IMG 5192

韓国

South Koreaと表示されます。

OpenVPN 160bit
Ko

Chameleon
Ko c

联通(China Unicom)4G
IMG 5195

台湾

今回の計測で面白かったのが台湾です。
先ずは、OpenVPNから。

OpenVPN 160bit
Taiwan

Chameleon
Taiwan c

联通(China Unicom)4G
IMG 5193

OpenVPNではほとんど速度が出ていませんが、Chameleonだと10倍近い速度が出ています。
計測ミスだと思って、3度計測しなおしてYouTubeでも確認しましたがほぼ同じ結果です。
香港のサーバーを経由しているようで、Chameleonの特徴である、「加工してない暗号化」がすり抜けやすいサーバーなのかもしれません。
また、联通(China Unicom)4Gに限りPing値は悪いですが、他に比べてスピードが出ています。

マレーシア

OpenVPN 160bit
My

Chameleon
My c

联通(China Unicom)4G
IMG 5196

アメリカ

Chameleonでも計測しましたが、テスト結果にほとんど変わりはありません。
しかし、下記2つのサーバーはYouTubeでの計測結果は実測より早い傾向にありました。

San Francisco

OpenVPN 160bit
SF

Los Angeles

OpenVPN 160bit
LA

VyprVPNスピードテストまとめ

联通(China Unicom)4Gは电信(China Telecom)と回線が違うのでそこそこ速度が出ます。
电信はやはり速度が出にくい傾向にあります。

  • 台湾サーバー+Chameleonの組み合わせはそこそこ早い
  • 联通4Gをメインで使ってる人も台湾サーバーがオススメ

べすとVPNからVyprVPNへ申し込み頂くと月極めプランの初回月が50%OFF、1年プランが25%OFFで購入可能です。

月極めプランの初回月50%OFFの申し込みはこちら

年間プラン25%OFFの申し込みはこちら

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

-VPN - スピードテスト, VyprVPNの使い方

Copyright© べすとVPN.jp , 2018 All Rights Reserved.